いらっさいませ〜

Hello, I am a foolish vape beginner.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you .

お馬鹿ビキナーのぶっつけVAPING一歩目

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

15
2017  15:30:00

MINION V3D(Tek DIVISION) Kayfun5にぴったりなステルスMOD

最近istick picoの良さを再認識して、友人に譲ってしまったことを後悔しつつ、
新たに1台購入したYANです(・_・;

本日はMODのこちら!
MINION V3D(Tek DIVISION)!!!
entry_img_44JPG.jpg

ステルスMODと呼ばれるアトマイザーを埋没させるタイプのMODです。

私、タイトドローなシングルRTAはNifeワイヤー+Dicodes基盤の温度管理にて
いただくのが大好きです。
CloudOne(V2)Kayfun 5 の2つはその運用が多いのですが、
Kayfunはガラスタンクな上に長いので、通常のMODだと倒してしまいそうで結構神経使うんです(((((((( ;゚Д゚)))))))
んな訳でSUNBOXMoonRaker nano に入れて、ややはみ出し状態で使っておったのですが、
基盤がDNA40なのでカンタルVW運用。できればDicodes基盤で調子いいのないかなーと思っていたところ、
Tek DIVISIONよりこやつが出ると聞いて飛びつきました。

価格は本体 109ユーロ 送料28ユーロ 合計137ユーロ
基盤の値段を考えると割安感のあるお値段だと思います。

それでは見ていきます。

0001.jpg
サイズ H93mm  W46mm 厚み24mm
タンク設置用のくぼみ 50mm

その名[V3D]の通り
樹脂素材の3Dプリンター製です。

基盤はDNA60とDicodesで選べます。(購入当時2017年6月)
色も結構な種類から組み合わせで選べます。
前述のように私はDicodes基盤の1択
色は透明なタイプのチープ感が可愛らしく思い透明と黒のコンビをセレクト。
私が購入した時は正規サイト
http://www.tek-division.com/shop
こちらから購入しましたが、現在(2017.8.15) 購入できなくなってます。。。
生産はしている様なので、欲しい場合は直接コンタクトを取ってみるといいかもしれません。

そもそもMINION V2というアルミボディーの同じような形状のカッコエエのが
ありまして、欲しかったのですが、高価で買うか悩んでいるうちに生産されなくなり
買い逃した経緯がありました。
0002.jpg

こんなダンボールの箱で届きます。
V3D01.jpg

開けると、、
V3D02.jpg

スポンジの中に本体とDicodes基盤に付属するNifeワイヤーサンプルが同梱されてます。

本体はこんな感じ。。。。。
V3D03.jpg
予想した通りすごくおもちゃっぽいチープな素材感www

アレ?? フタ壊れとるやないか!!!っと一瞬思ってアタフタ(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚)
実はこれは仕様でバッテリーを入れて、バッテリーにマグネットで蓋がくっつくという
なんとも斬新な構造ですw 
いいですwいいですw コンパクトで軽くてガシガシ使えるものを求めていたので。
可愛らしい(^o^)

早速バッテリーを入れてみます。V3D05.jpg
うむ。

V3D06.jpg
うむ。うむ。

コンタクト部分はスプリングなので調整不要。

V3D07.jpg
うむ。うむ。うむ。
いいっすね!ボタンはしっかりとしていて押し心地も良好。


V3D10.jpg
USBコネクターも付いていて非常に便利。
ボディーをローコストに割り切っただけで、主要なパーツはしっかりとしてます。

ただ3点ほど気になる点が、、

1 液晶部分
接着しているだけ、、、、、
これどこかにぶつけたらすぐ角が欠けそうな、、、、
買ってすぐ外れたとおっしゃる方もいらっしゃいましたw
液晶の厚み分はセットバックしてあるのでそこまで問題では無いですが
やや気になります。

2 バッテリーの蓋が外しにくい
先述のようにバッテリーにマグネットで貼り付いているだけなのですが、
手をかけるところが無いに等しいので、爪が伸びてないと
めちゃ外しにくい:(;゙゚'ω゚'):プルプル

3 底面
平らではあるんですが、平滑さがイマイチで立てた時の安定感が
しっかりとしません。倒れるとかでは無いのですが、微妙に不安定w

そんなこんなありますが、サイズ感もとてもよくおもちゃっぽい質感も含め
かなり気に入って愛用しております(≧∀≦)



0003.jpg
フィッティング写真(Kayfun5)
V3D08.jpg
Kayfunを載せるために買ったので早速装着。
SKYLINEではやや寸足らずだけど使える感じ
Hussar RTAは長さぴったりです。(写真撮ってない、、、)

この妙にダッサいマークがおもちゃ感を引き立ててくれますw
V3D04.jpg
MTL kit 1.4mmか1.6mm ドリップチップはDARUMA (内径3mm)という
かなりのタイトドロー仕様。

Kayfunだとリキッドチャージするときの蓋の厚み分アトマイザーの方が長いですが、
咥える時にもこれくらい出てると邪魔にならず、リキッドチャージもしやすくて良い感じです。
V3D09.jpg

ですがアトマイザーを覆う様なデザインでは無いため、倒した際はやはり怖いですね。
液晶の欠けも怖いので持ち出し用にケースも買いました。

最近はやりのDESCEのケース(ミニ)
V3D11.jpg
ものすごくぴったりです!!

全部入れてこの状態。
V3D12.jpg
ドリップチップが出てる感じでこのままvapeするにも調子良いです(^o^)
(かなりタイトドローで運用しているのでエアフローも今の所気になりませんが
 吹き返しがやや心配、、、)


0004.jpg
個人的には、需要とものすごくマッチしていてとても気に入ってます。

オススメできる
KayfunやHussar RTAなど長いアトマイザーを載せるための日常使いステルスMODを
探している方

オススメできない

質感重視! おもちゃっぽいの嫌い
長いタンク使ってない

デザインや質感がかなりクセが強いので、好みは分かれるMODですが
この感じを微笑ましく受け入れられる方には非常にオススメできるものでした。

KayfunをコンパクトにDicodes運用という求めていた形になり満足です(≧∀≦)

それでは皆様、今日も良いVAPE LIFEをお送りください(^o^)

↓ポチッとしてもらえると喜びます。
 にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
スポンサーサイト

 MOD

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。